メインイメージ画像

ネットが登場したためニュース提供にはあらゆるメディアへの変換が必要となりました

メディアの世界も変わりつつあります。今はさまざまな媒体を経由してニュースが流れていく時代となりました。一昔前はテレビ、ラジオ、新聞といったところが主要メディアとなっていました。ところが今は前述のテレビ、ラジオ、新聞の他に、インターネットという世界どこでも利用出来るサービスが生まれてきたのです。



ニュースの受け側にとってはこのインターネットの利便性は非常にすばらしいところです。一方、ニュースを送り届ける側にとってはニュースの速報性を問われることが一つあります。次にさまざまなメディアにそのニュースを変換しサービス提供していかねばならない点では、このような難しさが加わってきます。さらにいろいろ前述のような条件がプラスされると人件費をはじめ、整備面も含め、コスト面がサービスを提供する側も厳しくなってくることが必然的です。

また、メディアミックスということでさまざまなメディアを有効に組み合わせて提供することもサービスを提供する側にとっては競争の原理において、重要なファクターです。

こうした環境下でありながらサービスを享受する側はインターネットというメディアにおいては費用がかからないサービスがベースという原点に立っています。新聞というメディアも無料サービスに加えて有料サービスへの誘導を図り、ビジネスモデルの切り替えを図ろうとしています。また、ラジオという媒体もインターネットでのサービス提供を図ろうとしています。