メインイメージ画像

レンタルやリースはコストを抑えるメリットがあります

知っている人は知っていますが、レンタルやリースのサービスでは、ビジネスとプライベートの両方で大変重要になってきています。レンタルやリースが使えるのは何と言っても費用を抑えられる点です。仮にレンタルやリースのサービスを使わないとすれば、都度購入することになります。購入すれば所有権が永久にあるわけですからその満足感はありますし、返す必要がないので自分の好きなように使うことができます。しかし、それだけ高コストになることは避けられず、その点が不利になってしまいます。



中小企業の会社などでは、複合機やビジネスフォンやプリンターなどがリースにて利用されていたりします。それらを購入するとなるとかなりのコストになってしまって初期投資コストがバカになりませんが、メンテナンス有りのレンタルまたはリースのサービスを使えばそこまでコストはかかりません。つまりは、レンタルやリースのサービスとは資金にあまり余裕がない人向けのサービスということになります。それは、建設業界においても同様で、建設機器をレンタルおよびリースで補っているところは少なくないです。

それくらい、ビジネスの現場などではレンタルやリースのサービスなどが定着化しています。

また、それは個人レベルでも同様に言えることです。昔はマンガを買って読むのが当たり前でしたが、今はレンタルがかなり使用されています。レンタルならば購入価額の1割ほどで済むケースもあり、資金があまりない未成年の学生にとってはありがたいサービスです。

レンタルによって恩恵を受けるのは、何もビジネスに関わる人たちばかりではないということです。他にも着物レンタル、ウェディングドレスのレンタルなど洋服系も現時点ではレンタルのサービスが顕著になってきています。

そして、これらのレンタルやリースなどのサービスはこれからも増大していくことが見込まれており、その市場はもっと増大する見込みです。ですから、レンタルやリースのサービスがこれからは中心になるのです。